忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

漫画描かなあかんねん

2010年03月19日
新曲追加
「Dream on waterside」~水辺の夢~
いつもよりちょっとスローテンポで。

前に言ったようにアジアンな楽器音で作ってみた。
けど多分もうやらない。
理由は
・使用音源が重い
・マイスペースに上る際の劣化が激しい。
やっぱ軽くてやわやわな音じゃないといかんようだ。

実のところマイスペースではもっとふざけた感を出したかったんだが
出来上がる曲が比較的真面目な方向に行ってしまい
それにつられて周りも真面目になってしまっている。
そろそろトップの絵も変えて完璧に真面目な風になってみようかと思う。


しかし僕は漫画を描かなければいけないわけで。
何故音楽と同じように気分でぽいぽい作れないんだろうか?
捨てきれない変なプライドがあるのだろうか?
描こうとしてないとか?
それが一番だと思うけど、じゃぁ、何を描けばいいんだろうか?
音楽ならそんなこと考えずにできるんだけどなぁ。
何も考えないことが重要なのか?実は自分そういうキャラ?
けど絶対つまらない漫画になるよなぁ。考えてもつまらないんだもん。
自分は楽しいかもしれんな。音楽だって自分がのれるモノを作ってるだけだし。
やっぱそういうのってイイことなのか?

よくどんなニッチ層な商品でもいくらかは共感してくれる人はいる、とかいうけどそれはつまり
自分がのれるモノには必ず少々の客はつくってことなわけであって。
そう考えると商売になるならんは運としても、自分の好きなものを世に出すことは
意味のないことではないわけで。

うーん、つまり自分がのりのりで描いた漫画を世に出せば
少しぐらいは客がつくってことであってだな。
音楽はその少しの客でいいと思ってるからこそ今があるわけで。
そうか、漫画もそうなのかもしれんな。
じゃぁ、今から飯食って、とりあえず実験的にコピー用紙にでも描いて
今月中にピクシブにでもあげるとしますか。
評価はほぼないだろうけど、自分がのりのりで描ければそれで合格ってことで。
はじめの一歩ってやつを踏み出さないかんわけだな。自分は。



PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: