忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変わらなきゃ始まらない

2010年02月17日
どっかで聞いたフレーズだな。
どこだ?

さすがに今回ピクシブに上げた絵で自分に嫌気がさした。
大概さしてるんだが、今回は特に。こうやってブログに書くぐらい。

無理な絵柄は身を滅ぼすんですよ、奥さん。
これまで人に見せるために俗っぽく言うところの「よくある絵柄」を練習してきたけど
もう、無理。勘弁してくださいよマジで。
だいたい、性にあってないんだって。
ぱっと見派手で、かわいくってかっこいくって、きらきらしてて、
情報を的確につめてて、上手い絵って。
つまるところの「流行の絵」ってやつは。

嫌いではない。絵柄自体。
それで描かれるモチーフが受け付けないことはあるが。 
しかし今回はそんなことを言ってるんではない。
それを自分が描けるか否か。技術的にも精神的にも。
そういう問題であり、ぶっちゃけ無理だべ。技術も精神も。

このことはもう昔から自分を悩ませてきたことだが今までは
「それでもがんばれば道は開けるんだ」と思ってやってきた。
それと「簡単なほうに流れる奴はクズだ」と思ってもいたと思う。
ここで言う「簡単」とは「自分が得意な方」のことをいってるんだが。
あと自分がそういうの好きなのもあるな。だってやっぱ見てて上手いと思うじゃん。
「好みは人それぞれ」なんていう奴いるけれどそれってとどのつまりは下手な奴の逃げなわけで。
誰も見たがらないもの描いたところでそれはただの自慰で、
それを見たがる奴って流行りモンで目が疲れたからちょっと休もうってだけなわけだ。
積極的にオナニーばっか見る奴はいないだろ。
テンション下がるだろ。
アンダルシアの犬、イレーザーヘッド、ネクロマンティックばっかり見てる奴はいないだろ。
ブレインデッドとか遊びの時間は終わらないとかエスケープフロムL.Aとか見たいだろ絶対。
それがだめでも、デッドゾーンとか要塞警察、エル・マリアッチetcetc・・・。
とにかく人は絶対エンターテイメントが見たいはずなんだよ。

そんでもって自分がこれまで目指してきたのは
ギャグやアクションといった「純性エンターテイメント」
派手でかっこよくてかわいっくって感動できるやつ。
絵をやってるのは最終的にはそれでお話を作るため。
エンターテイメントをやるための絵柄とは→流行りモノ
こんなかんじの簡単な理論で目指す絵柄を検討、練習していたわけだ。

しかしもう無理。
もう限界。
三年やって無理なんだからもういいだろ?
だいたいやってる間も自分本来の影がちらついてきて中途半端なもんしかやれないんだよ。
おかげでどっちも中途半端だ。なんもできやしねぇ。
おーつかれさまでしたー(カートマン風に

だから今日このとき僕は宣言する

・自分本来の絵柄に戻す。
・作品の方向性を変える。

これでどうなっちまうかは正直わかんねぇ。
おジャ魔女どれみになる可能性は失われたがコメットさんになる可能性はでてきた。
コメットさんなら万歳だけど分け判らんアートと言う名のオナニーになったらどうしよう。
エンターテイメントから完全奪却する気はさらさらないんよ。
あくまでエンターテイメント。おもしろいもの。
ただちょっと方向が違うだけ。

とりあえず絵柄は変える。
ってーか戻す。
それで描かれる物語はまた別だ。それはそん時だ。

書いてるうちにちょっと気は晴れた。
ようはカマ臭い流行モンに流されなきゃいいんだ。
なら大丈夫。簡単なことだ。
まじでいいもん描けばいいんだ。
そんだけ、そんだけ♪

よーしほんじゃ今日からがんばろー、おー!

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: