忍者ブログ

[PR]

2017年10月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ストレンジドーン

2010年05月19日
ストレンジドーン見た。
ネタばれ感想なので観覧注意。

あの世界は現実を文字通りデフォルメしたモノなのだと自分は考える。
色々と鬱積したかんじがなんとも現実的。
そんな「現実」のなかでやっぱり鬱積する主人公たち。
だけど最後の最後に全て吐き出す。
それが世界を変えるとか、人を導くわけではないけど、
だけどやらなくてはいけない。
そうでないと絶対なにも、自分すらも変わらない。
そういうラストシーンなんだと自分は感じた。


多分姫さんもわかってて召喚したんではなかろうか。
その上でへんなばーさんとして謎かけして二人に考えさせたのでは?
んで、役目を果たしたので返してあげた、と。
そう考えると案外投げっぱなしではないのかもしれん。

あの後あの世界が変わるかどうかわからないけれど、
少なくとも、あの五人は変わっていくのではないかと。


いい作品を見さしてもらいました。
ありがとうございます。

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: